奈落のエレベーター 感想

Posted by 黒豆&キリモ on 28.2009 0 comments 0 trackback
奈落のエレベーター (幻冬舎文庫)奈落のエレベーター (幻冬舎文庫)
(2009/08)
木下 半太

商品詳細を見る


奈落のエレベーター読んだので感想書きます。
何よ、私だって本くらい読むわよ。いつも漫画ばっかり読んでるわけじゃないんだから!
……オカマ口調って意外と難しいのな。

「悪夢のエレベーター」がかなり面白かったので、期待してたんですが、そんなにたいして面白くなかった…がっかり。というのが率直な感想。

ていうかまず今作の舞台はエレベーター内じゃないしね。あんまりエレベーター関係ないしね。
まあ、この「エレベーター」ってのは、本当の意味でのエレベーターってだけじゃなく、自由の利かない閉塞空間を表しているのかもしれませんけどね。奈落のも大概なんやかんやで閉じ込められてましたし。トランクの中とか(笑)

前作「悪夢のエレベーター」は、非常に面白かった。え?え?あーそういうこと。なるほど~の連続で、伏線の張り方も秀逸でした。また、悪夢のは、2回読んで更に面白さが発見できる部分もありました。例えば、小川の子どもの名前を富岡たちが勝手に決めるシーンで、カオルが「三郎」と言ってましたけど、その時は何故に?と小川と同じツッコミをしましたが、読み終わって、また2回目読んだ時、「お前のことかよ!」ってね。カオルちゃんナイスチョイス。

…で、前作は私的にかなり評価が高かったのですが、今作は微妙…。まず、ドタバタしすぎというか、無理矢理感というか、都合よすぎ感が否めないんですよね。前作もそういった所はありましたが、今作はそれがすごく多い。ジェニちゃんの超人っぷりとか、夢野の不死身っぷりとか。
それに、謎を解くわけでもなく、かといって伏線がはってあるわけでもない。一体ジャンルは何?アクションもの?とにかく作者は一体何を思って2作目を作ったのか疑問。
あと、悪夢の方のカオルちゃんがすごく好きでした。カオルかわいいよカオル。
でも奈落では終始クレイジーでちょっと残念。
奈落はどいつもこいつもバイオレンスでマッドな奴らばっかりですね。主要キャラ含む。
血いっぱい出すぎ。人死にすぎ。一部のキャラ死ななさすぎw

なんていうのかな、文章の言い回しなんかは前作同様すごく面白くて何度も声に出して笑ってしまう場面もあったのですが、荒っぽいのかな、雑なんですよね。でも、すごくスピード感があって、一気に読めてしまうのは作者の文才ゆえでしょう。



ていうか、サブちゃん完全に死んだっぽいのに、最後集中治療室にいることになってるし。
なんだそれ。もしかして、また続編作る気満々?
スポンサーサイト
Category :

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://amkomonakakinako.blog94.fc2.com/tb.php/685-229c9d2c

プロフィール

黒豆&キリモ

Author:黒豆&キリモ
京都府在住の二人組。
黒豆…労働に勤しむインテリ人。落ちこんだ時はリボーンの雲雀さんを思い浮かべて元気を出します。
キリモ…すべてにおいて無気力なダメ社会人。現在不思議の国のアリスに傾倒中。

リンクフリー、TB&コメント大歓迎です
相互リンクも募集中!
拍手ありがとうございます(><)

キリモの独り言

11月に劇団四季のアンデルセン観に行く!楽しみー!

今までプレイしたことあるゲームリストはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこバスター All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary