地獄少女 三鼎 第1話

Posted by 黒豆&キリモ on 06.2008 0 comments 0 trackback
地獄少女 三鼎
1話 『奪われた少女』

さあ三べんめ、死んでみましょうか。

なんかもう普通に人間界に馴染んでた三藁にお嬢からの出頭命令きましたよ。
風呂掃除に勤しんでいた一目連には山童がお迎えに。
なんか鼻歌なんぞを歌っちゃってこの人一番浮世巡りを謳歌してると思うんだが。
何故風呂屋に就職したのかは謎ですが、山童初登場が裸んぼ。この時点でギャグ要員決定(ぇ
工事現場にいた輪入道の所にはきくりが。
きくり、実態がないようで玩具に憑依・・・。
輪入道、ショベルカーで暴走(笑)慌てすぎ!
骨女はスナック骨のママさんになってました。
え、経営者!?www
そんな骨女にはお嬢自らお出迎え。

恨みの連鎖を断ち切って、地獄へと流されていったあい。
何故今また戻ってきたのか?
そして御景ゆずき・・・。
あいはゆずきの中に入り込む。いやぁ、いい百合ですね。
何故ゆずきなのか?
この辺が三鼎のキーワードになりそうです。
「私はあなたの中にいる」
糸を解かれるとあい、ゆずきから生まれたw
もしかしてこの描写毎回やるつもりですか。

そしてもう一人の新キャラクター・山童。
なんか普通に溶け込んでるんですけど、一体何者?
あいが地獄に流された過程で拾ってきた子?
三藁を呼びに行く役目だったことから
同じ藁人形とはいえ、三藁より上の立場なんでしょうか。

話の内容と感想としては、
ああコイツ絶対流されるだろうなぁっていう顔の先生が
ああコイツ絶対流しそうだなぁっていう顔の生徒に流された(簡略)
どうしようもない悪人が切羽詰った依頼人によって地獄に流されるという、地獄少女的スタンダードな内容ではなく、
こう・・・後味悪いような話を初回に持ってきたということは、どうなの?(聞くな)
しょうもない恨みだったり、逆恨みだったり、流されるべきでない人間が地獄に流されるという不条理。
こういう不条理が変わり種としてあった1・2期とは違って前面に押し出していくのかな三鼎は。
んでもって「地獄通信なんかあってはダメだ!」って今度はゆずきに言わすのか。

丹下は決して悪い先生ではなく、没収したiPodも捨てたといいつつ実は友達づてに返していたり事あるごとに書き留めていたメモ帳も白紙だった。
3人浪人させた、というのも所詮は噂話だったというわけですか。
うーん、でもまあ悪い先生ではないけど良い先生とも言い難いですね。
先生なりの愛情が伝わらなかったんだなあ・・・不器用つーか、生徒とのコミュニケーション不足つーか。
でもこういう逸子みたいな子、結構いるんですよね。こーゆー子ともうまく付き合えてこその教師が良い先生というんでしょ。

来週もゆずきの学校が舞台のようですが、もしかしてこのままゆずきの学校周辺で物語が動いていくんでしょうか?
学校ってそんな狭い空間で・・・それなんてラブリーヒルズ?

さあさあ地獄少女3期。
好調な滑り出しじゃない?
面白かったです。ギャグ要素も前期より多いし。
地域によっては夕方放送の所もあるみたいですね。
ちょっと・・・まずいと思います(ダークな内容+エロ的な意味で



今頃、おばあちゃんどうしてるのかなあ・・・
スポンサーサイト
Category : アニメ感想

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://amkomonakakinako.blog94.fc2.com/tb.php/483-89458611

プロフィール

黒豆&キリモ

Author:黒豆&キリモ
京都府在住の二人組。
黒豆…労働に勤しむインテリ人。落ちこんだ時はリボーンの雲雀さんを思い浮かべて元気を出します。
キリモ…すべてにおいて無気力なダメ社会人。現在不思議の国のアリスに傾倒中。

リンクフリー、TB&コメント大歓迎です
相互リンクも募集中!
拍手ありがとうございます(><)

キリモの独り言

11月に劇団四季のアンデルセン観に行く!楽しみー!

今までプレイしたことあるゲームリストはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこバスター All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary