烈車戦隊トッキュウジャー 37~39話

Posted by 黒豆&キリモ on 25.2015 0 comments 0 trackback
ものすごく今更感想…。

37話。

シュバルツ将軍が明に出した条件が判明し、それについて明が悩むというけっこうなシリアス回なはずなんだけど、ジャスタウェイで吹っ飛んだなw

ジャスタウェイがファラウェイは笑ってしまうわ。
彼方に飛んでいっての馬の映像がシュールすぎるw

将軍の条件てのは時が来たら将軍の元に下るというもので、まあ別に意外性はないね。
ここまで引っ張る必要もないほどありきたりなものでした。
てなわけで、いつくるかもわからない「その時」が来るまでになんとしても昴ヶ浜を見つけなければ、と明は急いていたのでした。

どんなに理不尽なものでも決断しないといけない。
いずれ訪れる自分の裏切りを含みを持たせてトカッチに語る明。辛いだろうなあ。
明と一緒に、というトッキュウメンバーに、ヘルメットを目深に被る明は何を思うか。


38話。

終始カオス。
カグラ監督ノリノリでわろた。けん玉探偵も再登場キター(・∀・)!!

結構プライド高そうっていうか役者に誇りを持ってそうな主役の2人だったのに、カグラ監督の言われるがままだったのが…いいんかそれで。ミオ・ヒカリ・トカッチが冷めた反応ていうかツッコミ担当だったけども、カグラのやることに疑問は持たなかったのか、あの二人は。

前回の理不尽クイズで「恐竜に食われるか蛇に食われるか」の二択を選べなかったトカッチですが、今回恐竜に食われてたな。

必殺技の「守衛さん!ドーン!!」くっそわろた。予想外のチョイス。


39話。

明失踪回。
トッキュウメンバーのためにドリルレッシャーの使い方の書き置きが。
ひらがなかつ大きい字だったのがじわじわくる。
明が人間ではないので漢字が苦手だったのか、それとも読む相手(ライト達)が小学生だからなのか。

闇が減るこの時期が「その時」だったシュバルツ将軍、同じく皇帝が弱体化するこの時期を待っていたノア夫人、もう一体何巴になるの??
様々な思いが交錯するクリスマス回。
明は本当に裏切ってしまうのか、変身した明にトッキュウメンバーはどうするのか、何故皇帝はグリッタ嬢を消さずにいたのか、皇帝の弱体化によってより自由になったグリッタ嬢はどうするのか、グリッタ救出のノア夫人はどう動くのか、屋敷をウロウロネロ男爵はどうするのか、もろとも吹っ飛んだ(?)モルクは無事なのか(え?)、もう次回が気になって仕方ありません。
スポンサーサイト

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://amkomonakakinako.blog94.fc2.com/tb.php/1330-dcbe9b64

プロフィール

黒豆&キリモ

Author:黒豆&キリモ
京都府在住の二人組。
黒豆…労働に勤しむインテリ人。落ちこんだ時はリボーンの雲雀さんを思い浮かべて元気を出します。
キリモ…すべてにおいて無気力なダメ社会人。現在不思議の国のアリスに傾倒中。

リンクフリー、TB&コメント大歓迎です
相互リンクも募集中!
拍手ありがとうございます(><)

キリモの独り言

4号警備面白い。 池山がドライブの本願寺課長にしか見えない…。

今までプレイしたことあるゲームリストはコチラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこバスター All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary